ダニに噛まれた

ダニに噛まれたらどうする?

アレルゲンの1つとも言われている『ダニ』ですが、
もしもダニに噛まれたらどうしたら良いのでしょうか。

 

そもそも『ダニ』は一年中家の中にはいることがあります。

 

しかし、ダニに噛まれたなどの被害に合うのは
主に6月から9月頃が多いです。

 

それは、ダニの中でも人を噛む『ツメダニ』という
種類のダニが繁殖するのが6月から9月にかけてだからです。

 

ダニは高温多湿の場所を好むため、
梅雨の季節の布団やカーペットなどは要注意ですよ。

 

ダニに噛まれると、
8時間から24時間後くらいに『赤い斑点』が表れます。

 

大きさはだいたい5mmから10mm程度でしょうか。

 

パッと見では、蚊にさされたときと似ているので区別が
つきにくいかもしれません。

 

ダニの場合は、噛まれてから症状が出るまでに
時間がかかることが特徴です。

 

そして、それはものすごいかゆみを伴います。

 

かゆみを伴うという点も蚊と似ていますが、
蚊よりも圧倒的にダニのほうがかゆみは強いです。

 

蚊は肌の露出している部分を刺されることが多いですが、
ダニは肌を露出していない部分を噛みます。

 

更に、脇腹・胸元・二の腕・腕の内側・おなか・股などの
『肌のやわらかい場所』を噛まれやすいです。

 

足や手などの見えている部分よりも、
隠している部分に多いというのは特徴のひとつですね。

 

ダニに噛まれると強いかゆみを伴い、掻くと赤く腫れてしまいます。
かゆみに耐えるのはとても大変ですよね。

 

ダニのかゆさは大人でも耐え難いほどのものですから、
子どもではおそらく我慢できないと思います。

 

掻きむしってしまうと細菌による二次感染の恐れもあります。

 

特にダニに噛まれたのが子どもの場合は、
かゆみ止めの薬などを適切に使うことが大切です。


これ以上ダニに刺されないために!今すぐダニを駆除する方法

一度ダニに噛まれたら、布団などに必ずダニがいます。
ダニは放っておいたらいなくなるものではありません。

これ以上被害を拡大させないためにも、
早急にダニの駆除に取りかかりましょう。

また、ダニアレルギーの症状がある人は、
ダニから離れなければなりません。

人を刺すダニは主に『ツメダニ』というダニですが、
ダニアレルギーの場合は全てのダニに反応します。

チリダニやイエダニは一年を通して存在しているので、
一年を通してダニを除去することが大切です。

手軽でおすすめの駆除方法は、ダニピタ君を使うことです。

ダニピタ君とは、ダニが好む香りの誘引剤を使用し、
日中隠れていたダニをおびき寄せ、捕獲するダニ取りシートのこと。

ダニを生きたまま捕まえる事で、ダニの死骸が飛散せず、
ダニアレルゲンが減少します。

殺虫剤を使用していないので子供やペットのいても
安心して使えるんですよ。

使い方も簡単で、布団やソファ、カーペットなどに
ダニとりシートを置いておくだけです。




気になる所に置いて、
3ヶ月後、集まったダニをシートごと捨てるだけ。

3か月ごとに交換すれば、ダニの駆除はばっちり!

ダニピタ君は日本製で安心ですし、
口コミでも評判が良いんですよ。

Amazonでも購入できますが、公式サイトから買ったほうが
お試しプレゼントが付きますし、27%オフで買えるのでお得です。


掃除機をかけても、布団を干してもダニに刺される
という人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ダニ刺されがなくなると、夜も快適に過ごせますよ。